着色料・香料無添加のドッグフードがおすすめ!安心して子犬を飼うためのドッグフードの選び方

犬の平均寿命は年々伸びていますが、病気を患い、介護を必要とする犬も増えています。病気になってしまった犬への献身的な看病も重要ですが、常日頃から犬が病気にならないように、飼い主が常に犬の健康管理をしっかりと行ってあげることも重要です。

ドッグフードには添加物が含まれているものも多いので、体の負担が少ない無添加のペットフードを選んであげたり、体調の変化に合わせてドッグフードを選んだりすることをおすすめします。

こちらでは、安心して犬を飼うために、ドッグフードについて知っておくべきこと、犬の成長に合わせたドッグフードの選び方を、香料・着色料無添加のドッグフードを販売するBAUWAWがご紹介します。

安心して子犬を飼うために知っておくべきドッグフードのこと

保存料や着色料・香料無添加のドッグフードを選ぶ際のポイントは?

愛犬に無添加のドッグフードを与えてあげたいと思っていても、なにを基準に選んだらよいかと迷ってしまう方も多いでしょう。

ここでは、安心して子犬を飼うためにドッグフードについて知っておくべきことをご紹介します。

ドッグフードは添加物が含まれているものが多い

ペットフード安全法では、「名称」「賞味期限」「原材料」「原産国」「製造業者、輸入業者または販売業者の詳細」などを記載することが義務付けられています。しかし、ドッグフードは食品衛生法、JAS法、健康増進法のような食品関連の法令に規制されていないので、人間には使用しない添加物が含まれていることが多いのが実情です。

購入する際は無添加のドッグフードをおすすめするのはもちろん、原材料まで確認して危険な成分がないことを確認しましょう。

ドッグフードは愛犬にあったものを選ぶことが重要

ドッグフードは無添加であることも重要ですが、ドッグフードが犬に適しているかどうかも重要です。犬も人間同様に年齢によって必要となる栄養素とカロリーは異なりますので、年齢は必ず考慮する必要があります。

犬の成長に合わせて無添加のドッグフードを選ぼう!

犬の成長に合わせて無添加のドッグフードを選ぼう!国産の原材料を使用したドッグフードを販売!

犬のライフステージに合わせて、ドッグフードを与えることをおすすめします。子犬の年齢別のドッグフードの種類は、次のとおりです。

哺乳期用フード(生後4週まで)

「代用乳」のことで、リキッドタイプとパウダータイプがあります。

離乳期用フード(生後4~8週まで)

犬用の「離乳食」で、粉末タイプ、ペーストタイプ、ウェットタイプなど種類が豊富です。生後6週目に入ると子犬に乳歯が生えてくるので、ドライタイプのドッグフードを少しずつまぜて慣れさせます。

成長期用フード(生後8週~1年まで)

この時期の子犬は急速に成長するので、体が健やかに発育できるように成長期用フードは高カロリーで高たんぱくなのが特徴です。子犬によっては腸の発達不十分により、一度に多くの量のドッグフードを与えると消化不良を起こすこともあるので、子犬の状態を見て食事の回数を増やしてあげてください。

子犬用の商品一覧

成犬用フード(年齢1歳~)

販売しているメーカーが多く多種多様な商品があるので、犬に合わせて選ぶことが可能です。

シニア犬用フード(年齢6~8歳)

代謝と消化機能が低下した犬に合わせて低脂肪、低カロリーに調整されています。犬が高齢になったら定期的に健康診断を受けて、体調に適した無添加のドッグフードを与えるのがおすすめです。

シニア犬用の商品一覧

BAUWAWでは、子犬・シニア犬におすすめのドッグフードを販売しています。子犬用・シニア犬用を問わず、防腐剤や酸化防止剤・着色料・香料などの食品添加物は使用していません。無添加のドッグフードをお求めの方は、BAUWAWをご利用ください。

着色料・香料無添加のドッグフードならBAUWAWの通販がおすすめ!
子犬・シニア犬におすすめの商品を販売しています

安心して犬を飼いたい方へ、ドッグフードの特徴と種類をご紹介しました。最近は大型のペットショップ店も多く様々なペットフードを見かけるようになりましたが、ドッグフードは犬の年齢だけでなく犬の好みや体調に合わせて選ぶことが大切です。

BAUWAWでは、子犬・シニア犬におすすめのドッグフードを販売中です。子犬用にはたんぱく質やカルシウムなどの栄養素が豊富なドッグフード、シニア犬用には高たんぱくで低脂肪、低カロリーの上質なドッグフードをご用意しています。提供する商品はどれも、防腐剤・酸化防止剤・着色料・香料などを使用していません。無添加のドッグフードをお求めの方はBAUWAWへ。

お問い合わせはこちら

ドッグフード子犬・パピー

Archive