【アレルギー対策】アレルゲンの見分け方とドッグフードの選び方。

人間が花粉やハウスダストなど、様々なアレルギーに悩むように、犬にもアレルギーは存在します。アレルギーの原因は、ノミ、ダニ、花粉、カビ、ホコリ、そして毎日与えているドッグフードに含まれる材料や添加物などが考えられます。

アレルギー対策で重要なのは、飼い主がアレルギーの起きない環境を整えて、体質に合ったドッグフードを与えることで、そのためにはアレルギーを引き起こす原因物質を突き止めることが必要です。

この記事では、犬のアレルギー対策でお悩みの方のために、犬のアレルギーを引き起こすアレルゲン物質、ドッグフードを選ぶときのポイントをご紹介します。アレルギー対策をお考えの方は参考にしてみてください。

アレルギー対策でお悩みの方必見!主なアレルゲン物質を知ろう

アレルギー対策でお悩みの方必見!主なアレルゲン物質を知ろう

食べ物や環境以外に、ストレスもアレルギーの原因の一つと考えられています。ただし、様々な要因が複雑に絡み合って発生することもあるため、原因をはっきりと突き止められないこともあります。

犬が反応しやすいアレルゲン物質を知っていれば、原因を特定しやすく、掃除をしてドッグフードを変えるだけでもある程度アレルギー対策はできるでしょう。

ここでは、犬が反応する主なアレルゲン物質とそれぞれの対処方法をご紹介いたします。

ノミやハウスダスト

皮膚炎の症状が出ている場合は、ノミやホコリ、カビなどが原因であることが多いです。犬が過ごすエリアは常に清潔を保ち、ノミ対策として予防薬を投与してこまめなブラッシングと定期的なシャンプーを行いましょう。

ドッグフード

ドッグフードに含まれているアレルゲン物質はたんぱく質、穀物、添加物です。具体的にいうと、たんぱく質は牛・鶏・ラムなどの肉類や卵・牛乳・大豆など、穀物はトウモロコシ・小麦など、添加物は保存料・着色料などになります。

ドッグフードが原因の場合は、アレルゲン物質を特定し、アレルゲン物質を含まないドッグフードに切り替えることが大切です。

アレルゲン物質を特定したうえでドッグフードを選ぶポイント

アレルゲン物質を特定したうえでドッグフードを選ぶポイント

犬がアレルギー反応を起こすアレルゲン物質はそれぞれ違うので、まずはアレルゲン物質の特定が必要です。

アレルギー対策として、アレルゲン物質を特定するポイントは、次にあげる3つが一般的です。

動物病院でアレルゲン検査を受ける

検査結果がでるまで1~2週間かかり、料金は約40,000~70,000円です。

市販の検査キットを使う

病院で検査するより価格は安いですが、検査キットによって精度が異なります。

食事でアレルゲン物質を特定する

同じメニューを一定の期間与え、症状の変化を観察してアレルゲン物質を特定します。

アレルゲン物質が特定できたら、あとは犬の状態に合わせてドッグフードを選ぶようにしましょう。アレルギーに配慮したドッグフードを選ぶときのポイントは以下のとおりです。

アレルゲン物質が含まれていないドッグフードを選ぶ

アレルギー対策として、穀物を含まないもの、アレルギー反応が起きづらいラム肉や魚を使ったドッグフードを選ぶことをおすすめします。

材料が少ないドッグフードを選ぶ

使われている材料が少ないほどアレルゲン物質を特定しやすいです。

たんぱく質が分解されているドッグフードを選ぶ

あらかじめたんぱく質が分解されているのでアレルギー反応が起きづらく、アレルギー対策にもよいでしょう。

アレルギー対策用の商品一覧

アレルギーに配慮したドッグフードを販売

アレルギー対策として、アレルギーに配慮したドッグフードを購入する際は、ドッグフードを専門に取り扱っているお店で購入するのがポイントです。BAUWAWのサイトなら、目的別でドッグフードを検索することができます。

アレルギー対策のカテゴリーもあるので、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけることが可能です。また、90日間の返品保証があるので、初めての方もお気軽にご利用いただけます。ドッグフードの購入は、ぜひBAUWAWをご利用ください。

お問い合わせはこちら

アレルギードッグフード

Archive