保存料や着色料・香料などの添加物は、アレルギーや様々な病気の一因と考えられているので、たとえ認可されている添加物であっても極力は摂らないように心掛けた方がよいでしょう。

人間にさえ悪影響がある添加物は、愛犬にも負担をかける可能性があります。このようなことから、ドッグフードは無添加のものを選んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

無添加と書かれているドッグフードでも、特定の添加物を指して「無添加」とうたっている商品もあります。この記事では、原材料の品質にこだわり、安全性を考えた商品を販売するBAUWAWが、無添加ドッグフードの選び方を解説します。

保存料や着色料・香料無添加のドッグフードを選ぶ際のポイントは?

保存料や着色料・香料無添加のドッグフードを選ぶ際のポイントは?

厚生労働省は、加工助剤に使われている添加物などの表記の省略を認めています。無添加ドッグフードという商品でも、実際は添加物が使われている可能性があるので注意が必要です。

ここでは、ドッグフードを選ぶためのポイントをご紹介します。

無添加なら安心という考えはやめる

ドッグフードは犬の年齢ごとに必要な栄養素とカロリーを補充するためのものなので、無添加であることだけを基準にドッグフードを選ぶのは控えた方がよいでしょう。また、ドッグフードの中には、コストダウンを目的に犬の体には向かない穀物が多く含まれているものもあります。

そのため、添加物だけでなく、原材料、対象となる年齢、摂取できる栄養素などもきちんとチェックしてドッグフードを選びましょう。

添加物はある程度必要なものと理解する

ドッグフードに含まれるたんぱく質・脂質は犬にとって欠かせない栄養素ですが、時間が経てばたんぱく質・脂質は酸化・劣化します。必要な栄養素の酸化・劣化を防ぐために、添加物が使用されているのです。

また、分析試験や給与試験の基準をクリアするために不足している栄養素を添加していることも少なくありません。そのため、添加物が全く含まれていないドッグフードはごく僅かです。

添加物を摂取しないことに越したことはありませんが、ドッグフードを保存するためにはある程度の添加物が必要であるということを理解することも大事です。

できるだけ負担が少ない添加物が使われているものを選ぶ

添加物というと、ケミカル物質というイメージが強いですが、自然由来のものもあります。たとえば、酸化防止剤であれば、「天然トコフェロール(ビタミンE)、ビタミンC、ローズマリー抽出物、マリーゴールド」などを使用しているメーカーも多いです。

避けるべき添加物が含まれていないかをチェック!

ドッグフードは食品衛生法の規制を受けないので、人間には使用が認められていない添加物が使われていることがあります。とくに次に挙げる添加物が含まれているドッグフードは購入しない方がよいです。

  • 着色料:赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色105号、黄色4号など
  • 酸化防止剤:BHA、BHT、エトキシキン、没食子酸プロピル、エリソルビン酸など
  • 保存料:ソルビン酸カリウム、ソルビン酸など
  • 発色剤:亜硝酸ナトリウムなど
  • 保湿剤:プロピレングリコールなど

国産の原材料で作られたドッグフードを選ぶ

ドッグフードには野菜も使われていますが、海外では野菜に大量の農薬を使っているところもあります。もちろん、海外のメーカーにも農薬・化学肥料をできる限り使用せずに栽培した原材料を含むドッグフードも多くありますが、顔が見える生産者から国産食材を仕入れて使用している商品がおすすめです。

今回ご紹介したポイントを踏まえて、保存料や着色料・香料無添加のドッグフードを選ぶようにしましょう。

ドッグフードの商品一覧

国産の原材料を使用したドッグフードを販売!

国産の原材料を使用したドッグフードを販売!

最近は海外・国内を問わず、様々なメーカーのドッグフードが流通していますので、数多くの商品から好みのドッグフードを選べるようになりました。しかし、保存料や着色料・香料無添加のドッグフードや契約農家から仕入れた国産材料を使用したドッグフードを専門に取り扱うお店の数はまだ少ないのが現状です。

BAUWAWでは、様々なメーカーのドッグフードを販売しています。

国産の原材料を使用した「Yum Yum Yum!」は私たち人間の食事と同じ食材を使って、人間の食事と同じ衛生レベルのペットフード専門工場で作っています。顔が見える生産者から、新鮮でおいしい国産食材を仕入れ、保存料や着色料・香料は使用せず、栄養強化剤としてのビタミン類・ミネラル類のみ使用しています。

「Yum Yum Yum!」の商品一覧