子猫は生まれると、しばらくは母猫の母乳だけを飲んで成長します。生まれて3週間位まではしっかりと歩くことができず、母猫の母乳を飲んでは寝ての繰り返しの生活です。

生後1ヵ月を過ぎる頃になると、歩き回るようになり兄弟猫が居れば一緒にじゃれたりして遊ぶようになります。しかし、排泄やグルーミングには母猫の手助けが必要で、食事も母乳のみで栄養を摂ります。

この頃になると動きも活発になり、様々なものに興味を持つようになります。その中には母猫が食べているキャットフードに興味を示し、母猫と一緒に食べる子猫もいます。

ここでは、安全に猫を飼うために、離乳期に子猫にキャットフードを与えるのはいつ頃がよいのか、そして子猫用キャットフードと成猫用のキャットフードの違いについて、保存料・着色料・香料無添加のキャットフードを通販で取り扱うBAUWAWが詳しく解説します。

子猫を安全に飼うために!子猫の食事について

子猫を安全に飼うために!子猫の食事について

猫は生まれてから1歳になるまでは、著しい成長を見せてくれます。生後3週間位までは、母猫の母乳を飲んで寝ることを繰り返して、毎日10~30gずつ体重が増えていくのが特徴です。

しかし、排泄や食事はまだまだ母猫の手助けが必要となります。この頃になると歯が生えてくるため、順調に成長すれば、生後1ヶ月頃から離乳食を始めることが可能です。

また、すぐにキャットフードへ切り替えるのではなく、まずは溶かして与えるペースト状の子猫専用のキャットフードから始めるようにしてください。与えるとき、初めは毎日少量を与えるようにして、徐々に量を増やしていくとよいでしょう。

子猫が離乳食を嫌がらずに食べてくれようになったら、離乳食から子猫専用のキャットフードに切り替えていきます。キャットフードへ切り替えていく時は、離乳食の時と同じように徐々に変えていくとスムーズです。

子猫専用のキャットフードを選ぶ際には、それぞれの月齢に合ったもので、無添加のものがよいでしょう。

離乳は生後3ヶ月が目安といわれていますが、子猫によって成長のスピードが違うので、焦らずに進めていきましょう。猫は生後6ヶ月頃までに食べた食事が、成猫になってからも影響すると考えられているので、無添加のキャットフードを食べさせてあげるようにしてください。

BAUWAWの通販サイトでは、保存料・着色料・香料無添加のキャットフードを販売しています。

キャットフードの商品一覧

子猫用と成猫用との違いは?

子猫用と成猫用との違いは?

母猫と子猫が一緒に暮らしていると、子猫は母猫の食べているキャットフードが気になり、一緒になって食べていることがあります。同じキャットフードなので問題がないように思いがちですが、子猫に成猫用のキャットフードを与えることはやめましょう。

理由は、猫には子猫・成猫・シニア猫・それぞれに必要な栄養素があるからです。

特に子猫にはこれから骨や筋肉などを形成するにあたって必要な栄養素があり、子猫用キャットフードにはその栄養素が多く含まれています。小さな体で活発に動き回る子猫は、成猫に比べるとたくさんのカロリーを必要とします。

必要なカロリー量の例を挙げると以下のとおりです。

  • 生後8週:260kcal
  • 生後14週:200kcal
  • 生後20週:150kcal
  • 生後40週:100kcal
  • 生後52週:80kcal

生後8週目と、成猫となる生後52週目での必要カロリーは3倍以上も違うことがわかります。その他にも、子猫用のキャットフードには、筋肉や皮膚、免疫機能を形成するたんぱく質やタウリンが多く含まれているのです。

子猫に成猫用のキャットフードを与えると、成長期に必要な栄養素が不足し、反対に子猫用のキャットフードを成猫に与え続けるとカロリーオーバーになり、肥満になってしまいます。通販サイトでも無添加のキャットフードを気軽に購入できるようになっているので、猫を安全に飼うためにも、キャットフードは年齢に合ったものを選ぶのがおすすめです。

保存料・着色料・香料無添加の
キャットフードをお求めの方はBAUWAWの通販へ

母猫の母乳から離乳し、離乳食・子猫用キャットフードを選ぶ際は、これから成長していく子猫を安全に飼うために重要なことです。BAUWAWの通販サイトでは、子猫に健やかに成長してもらいたいという思いを込めて、保存料・着色料・香料無添加の子猫用キャットフードを取り扱っています。

子猫の成長に必要な高品質の動物性たんぱく質が多く含まれており、超小粒の子猫用キャットフードは子猫にとって食べやすいと好評です。高品質で無添加の子猫用キャットフードをお探しの飼い主様は、ぜひBAUWAWの通販へ。

お問い合わせはこちら