ペットフードの中にはコストを抑えるために、材料に添加物を使って人工的な風味や色合いを付けたり、肉や魚より安い穀物を使ったりしているものがあります。また、穀物は犬の体には負担が大きく、アレルギーや肥満を引き起こす原因になります。

ドッグフードを選ぶときは、グレインフリーのものがおすすめです。こちらでは、グレインフリードッグフードの特徴とグレインフリーにした方がよい犬のタイプについて、アレルギーに配慮したドッグフードを数多く取り揃えているBAUWAWが詳しくご紹介します。

グレインフリードッグフードの特徴とは?

グレインフリードッグフードの特徴とは?

ペットショップで最近見かけるようになったグレインフリードッグフード。どのようなドッグフードなのかよくわからないという方のために、こちらではアレルギー対策として注目されているグレインフリードッグフードの特徴をご紹介します。

グレインフリードッグフードの特徴

グレイン(grain)は英語で穀物を意味し、小麦や米、トウモロコシなどのことを指します。「グレインフリードッグフード」とは材料に穀物が含まれないものです。主原料は魚や肉、野菜などになります。

ドッグフードに穀物が使われていない理由

なぜ穀物を使用していないかというと、犬には人間の体にある穀物を消化するための酵素「アミラーゼ」がないからです。「アミラーゼ」を持たない犬が穀物を食べると、内臓に負担がかかり消化不良で下痢になる可能性があります。

また、犬によっては穀物を食べるとお腹がゆるくなるだけでなく、「目が赤くなる」「フケや湿疹が出る」などのアレルギー症状が出ることもあるのです。

その場合は、今与えているドッグフードをやめて、アレルギー対策としてグレインフリードッグフードに切り替えてあげてください。

アレルギー対策には、食物アレルギーに配慮したグレインフリーの商品がおすすめです。BAUWAWでは、国産の魚やニュージーランド産の肉類を原材料にしたドッグフードを販売しています。

アレルギーの原因になりやすい穀類やエトキシキン・BHA・BHTといった添加物などは使用していません。グレインフリードッグフードを購入したい方は、ぜひお問い合わせください。

アレルギー対策用の商品一覧

グレインフリードッグフードを与えた方がよい犬とは?

グレインフリードッグフードを与えた方がよい犬とは?

穀物は犬の体に負担がかかることをご説明しましたが、穀物すべてが悪いわけではありません。

例えば、さつまいもは腸内環境を整えたり肌の色素沈着を予防したりする働きがあります。重要なのは与える量と他の栄養素との配分です。それでも犬によってはグレインフリードッグフードを与えた方がよい場合もあります。

ここではグレインフリードッグフードを与えた方がよい犬の特徴をご紹介します。

穀物に対してアレルギー反応を起こす犬

穀物にアレルギーがある犬には、穀物が含まれていないグレインフリードッグフードを与えましょう。今は穀物に対してアレルギー反応がなくてもアレルギーはある日突然起こるので、すでに他の食べ物に対してアレルギーのある犬は、グレインフリードッグフードにしておくことをおすすめします。

もともとお腹が弱い犬

アレルギーがなくてもよくお腹を壊しやすい犬は、お腹に負担の少ないグレインフリードッグフードを与えた方がよいです。

理想体重より重い犬

犬の肥満は、様々な病気を引き起こす原因となります。穀物を摂取するとカロリーオーバーになりやすいので、肥満気味の犬は低カロリーでアレルギー対策としても使われているグレインフリードッグフードがおすすめです。

アレルギー対策には穀物・添加物(香料・着色料など)不使用の商品が
おすすめ!国産の原材料(魚・肉)を使用したドッグフードを販売

大型のペットショップは品揃えが豊富でも、アレルギー対策として、アレルギーになりにくいといわれる魚やラム肉を原材料に使用したドッグフードを用意している店舗は少ないことがほとんどです。

BAUWAWでは魚やラム肉を原材料に使用したグレインフリードッグフードを幅広く取り揃えています。1個の注文から、一部地域を除き送料無料でお届けすることが可能です。

お問い合わせはこちら