犬も人間と同じように歯垢が溜まり、そのままにしておくと歯周病になってしまいます。愛犬の歯を健康に保つためにも、定期的な歯磨きをおすすめします。

歯磨きの方法は犬用のデンタルブラシを使って歯磨きをしたり、濡れたガーゼで歯を拭いてあげたりする方法がよいでしょう。

しかし、歯磨きが苦手な犬もいます。そうした場合にはお試しとして、噛むことによって歯と歯肉を鍛える保存料・着色料無添加の犬用おやつを与えてみるとよいでしょう。

犬の歯磨きを始めるおすすめの時期とは?

犬の歯磨きを始めるおすすめの時期とは?

最近は犬の健康管理の一つとして、歯磨きなどのデンタルケアが重要だと考えられるようになりました。そのため、子犬を家に迎えると、「いつから歯磨きを始めればよいのか」と悩む飼い主様も少なくありません。

人間の子供は乳歯が生えてくると、ガーゼで歯を拭いたり、幼児用歯ブラシを使ったりして毎日ブラッシングをします。子犬もそれと同じように、乳歯のうちから定期的に歯磨きをするのがおすすめです。

犬も乳歯と永久歯があり、永久歯に生え変わってからでもいいのではないかと考えがちですが、子犬のうちから歯磨きの習慣を付けておくと、永久歯に生え変わってからの歯磨きが楽になります。

乳歯は生後4か月頃から徐々に生え変わっていくので、それまでには歯磨きの習慣を付けておくのがおすすめです。しかし、犬の中には口の中や周りを触られることに抵抗があり、歯磨きを嫌がる犬もいます。

そんな場合は、歯磨きを無理にする必要はありません。歯磨きをする前に、顔や口周りを触る練習をして徐々に慣らしていくようにしましょう。

そして、無添加の犬用おやつを用意してご褒美に与えると「歯磨きは楽しいもの」として覚えてくれるはずです。歯磨きに慣れないうちは、上の歯から下の歯と続き、慣れれば奥歯をブラッシングしてあげましょう。

愛犬が少しでも嫌がるのなら一旦中止し、焦らずにゆっくりと進めていくことをおすすめします。噛んで歯と歯肉を鍛える保存料・着色料無添加の犬用おやつを用意しておくと案外すんなり受け入れてくれるかもしれません。

歯磨き以外に歯をきれいするおすすめの方法は?

歯磨き以外に歯をきれいするおすすめの方法は?

愛犬のデンタルケアにはブラッシングやガーゼでの拭き取りが効果的ですが、犬の中にはどんなに飼い主様に懐いていても口の中を触らせてくれない犬もいます。しかし、そのまま何もせずにいると歯周病になることもあるので、何とかしてデンタルケアをしなければなりません。

そんな犬におすすめしたいのが、デンタルケアができる無添加の犬用おやつです。もちろん、ブラシを使って歯磨きをするのが一番よいでしょう。

BAUWAWでは、こだわりの乳酸菌素材を複数配合した、保存料・着色料無添加の犬用おやつ「Dr.デンタル」を販売しています。

「Dr.デンタル」の情報はこちら

この「Dr.デンタル」は人間用食品の加圧加熱殺菌技術を応用しつつ、原材料としてお肉を99%以上使用することで、ジューシーなおいしさを実現しています。また、1本ずつ個包装になっているので、外出時にも持ち出しやすいです。

このような無添加の犬用おやつをお試しして、歯のケアをはじめてみることをおすすめします。

保存料・着色料無添加の犬用おやつをお試しください

BAUWAWで取り扱っている保存料・着色料無添加の犬用おやつ「Dr.デンタル」は、厳しい品質管理の中、国内で製造しています。噛み応えのあるものや、歯切れの良いタイプなどの種類があり、噛む力の弱いシニア犬にも与えることが可能です。

素材の味を活かした無添加の犬用おやつをぜひ一度お試しください。

お問い合わせはこちら