Animal Essentialsは、動物専門のハーバリストが作り上げたハーブサプリメントです。オレゴンティルスオーガニック認証 (オレゴン州の有機農法民間基準)の認定を受けた高い品質のハーブを用いており、アメリカのペットケアのプロから最も多く選ばれ、使用されています。

 

≫Animal Essentials(アニマルエッセンシャルズ)の商品一覧を見る

 

 

◆Animal Essentials の特徴 ◆

①アニマルエッセンシャルズのこだわり

アニマルエッセンシャルズの製品は、オレゴンティルスオーガニック認証 (オレゴン州の有機農法民間基準)の認定を受けています。
有機農法によって育てられたハーブは、種をたやさないよう配慮しながら、薬効成分が一番高い時期にていねいに手摘みで収穫されます。安全性はもちろん人間に使われるものと同じ高い品質のハーブを用い、動物専門のハーバリストが細心の注意を払って製法や品質管理にこだわって作られています。

そのためアメリカのホリスティック獣医師やペットケアのプロから最も多く選ばれ使用されています。

ハーブの有効成分は収穫直後から少しずつ消失し、通常は乾燥処理をするとその有効成分の多くは変質または減少してしまいます。アニマルエッセンシャルズの製品はそれを克服する為、できるだけ簡単な製造工程でハーブの持っている多様な有効成分を損なわないように作られています。

 

 

②パートナーにやさしいハーブ製品

エキスを抽出するときに使うアルコールにもこだわっており、本製品のほとんどはヤシ油からとった純度99.5%のベジタブルグリセリンを使って抽出しています。 甘くて口当たりが良いので、パートナーのお食事に手軽に加えていただけます。またマリアアザミの有効成分はアルコールでしか抽出できないため、できる限り低アルコールで抽出しています。

 

 

◆パートナーにハーブを与える理由 ◆

野生動物は体の調子が良くない時、具合が悪い時、体内に溜まった不要な物を浄化したい時など、自然にハーブを食べます。それぞれの状態に合わせて、必要な薬効のあるハーブを探しに行くこともあります。

野生動物は自分の体に治療が必要な場合、どの植物を食べれば良いのかを知っています。そもそも、ヒトがハーブを使うようになったのも、そのような動物たちの行動を観察し、ハーブの効果を学んだことがきっかけと言われています。

野生動物は、大自然の中から自分の体調に必要なハーブを探し、摂取することで健康のバランスを整えることが可能でしたが、私たちと一緒に暮らしている現代の動物たちは、自ら必要な物を探し出し、摂取するという環境にはありません。

また、現代の動物たちにかかるストレスも見逃すことはできません。その上、自らそのストレスに対処するのは難しい状態にあります。 もちろん、散歩や遊びは愛犬のストレス発散方法の一つかと思いますが、ハーブもその解消法のひとつとして、取り入れることができます。

ハーブには、ビタミン・ミネラルや微量元素など、生命維持に欠かせない栄養成分が含まれていたり、健康維持・疲労回復などに役立つ種類のハーブもあります。 またハーブ療法の良い点は、薬品のようにハーブに含まれる特定の薬効成分のみを取り入れるのではなく、薬草全体を使用するため、副作用などのリスクも低いといわれている点です。

 

病気予防にも有効なハーブ

ハーブには、ビタミン・ミネラルや微量元素といった健康に欠かせない栄養素が豊富に含まれており、サプリメントのように毎日食べることができる種類や、何種類か配合して使えるものもあります。そのため、日常の食材だけでは不足しがちな栄養成分を良質なハーブから取り入れることは、犬本来の持っている自然治癒力を高め、心身のバランスを正常な状態に保ち、自然に免疫力の強化に繋がります。

 

 

 

≫Animal Essentials(アニマルエッセンシャルズ)の商品一覧を見る